みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

落ち込みは時に娯楽になる |_・)

f:id:miyunekoclub:20190222120505j:image

こんばんは、みゆさんです ( ꒪⌓꒪)

以前の記事でネガティブには中毒性があると書いたことがある。

私は若い頃は非常に落ち込みやすく、いつもなにか些細なことがあるとすごく気にするし、それについて思い悩んでいたことが多かった。

落ち込んで「どうせ私なんて」とふさぎ込み、暗い表情をし、悲しみにくれている状態は、自分が悲劇のヒロインのように思い、自己陶酔しているとも言える。

苦しくて悲しくてやるせなくてどうしようもないときは、昔はよく1枚の紙に自分の思いのすべてを書きなぐっていた。

そして音楽をひたすら聴いていた。中島みゆきの曲を流していた時もあったが、やはり大ファンだったイエロー・モンキーの曲は落ち込んだときには欠かせない曲だったことは間違いない。

落ち込んで悲しみにくれるのは苦しいし辛い。

自己否定するというのはとても辛いものだ。

しかし「どうせ、どうせ、、」と自分を責め、自分を貶め、悲しみに暮れ、怒ったり泣いたりするということには案外娯楽性があり、心のどこかでじつは自分はその状況を楽しんでいるんじゃないか?と思うことがある。

何かで落ち込んでショボンとしたとき、それを悲しむときに、カタルシス(心の浄化作用)が起きるのではないかと思う。

だから散々なにかに落ち込んで落ち込み切った後というのは、その反動で元気がでることが多いし、また頑張ってやってみようという気になりやすいと思う。

「どうせ自分なんてこんなもんだし」と一種のあきらめがつくみたいな感じにもなるから、気持ちが少し楽になるのだろう。

認知機能学者の苫米地英人博士が「感情は娯楽である」と言っていた。

それは現代社会の人間は、本来ならば生きていくために喜怒哀楽の感情は必要なく、文化的に豊かに生きていくための娯楽にすぎないからだという。

私たちに何かが起こったときに、やるべきことは問題解決だけであり、感情というのは本来は問題には関係のないものだ。

しかし私たちはドラマチックに生きたい人間だから、自己表現したいし、「自分が何者かである」と実感したいし、それだから感情を持ちだして、悲しみ落ち込み悩みながら自分という人生の主役を盛り上げ、「遊んでいる」と言ったらよくない言い方かもしれないけれど、楽しんでいるというのは確かなのである。

ドライなことを言ってしまっているかもしれないけれど、所詮人間なんてこんなものである。

けれども日常生活に支障がでない程度ならば、ネガティブな感情でも味わって、生活に情緒的なエッセンスを加えるというのは決して悪くないことだと思う。

ただしあまりにも落ち込みの度合いが激しく、とても元の生活に戻れないくらいのレベルならば、ぜひとも専門家や医師に相談するべきである。病気による原因もありえるからである。

 

みゆさん (*´д`)o

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

 Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

Amazon.co.jpアソシエイト 

「ワーケーション」のスタイルで仕事は理想だ o(・ω・。) 

f:id:miyunekoclub:20190222102247j:plain

こんにちは、みゆさんです (*´・∀・)

近年「ワーケーション」という働き方が注目されている。

「ワーケーション」とは、2000年代に米国で生まれた「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語である。概ねリゾートなどの環境の良い場所で、休暇を重ねてリモートワークを行う労働形態を指すことが多い。つまり旅をしているのに出勤扱いということだ。

私はこの「ワーケーション」という形態の働き方に憧れている。

以前会社勤めをしていたとき、決まった曜日、決まった時間に、決まった場所の会社のオフィスに出社、決まった時間に退社という、会社という組織の、1体のロボットの歯車の1つになったかのような、規則的な生活をしていた。

今はパート勤めでフルタイムではないし、曜日も不規則であるが、同じ勤務場所、同じ勤務時間に働かなければならないという縛られた仕事環境であることは間違いない。

しかし昨今はインターネットの発達により、在宅勤務を行う会社も増えてきた。

パソコンとネットがあれば、デスクワークが中心の職業ならば、わざわざ会社に行かなくても、在宅で充分仕事ができるからだ。

会社に人たちと連絡をとる際は、メールや電話やLINE、顔を見て話したいなら会議ソフトのzoomやスカイプなどを使ってやりとりをすればいい。

ということは、なにも「在宅」でなくても仕事が出来るということではないだろうか?

どこか旅に出ていたとしても、会社の仕事をすることが可能だということである。

そうなると、仕事のオンとオフの日の境目も曖昧になってくる。

なにも一日単位で「この日は仕事の日、この日は休暇の日」と決めなくても、午前中は仕事の時間で、午後からは休暇、夜はまた仕事の時間、のように時間単位で勤務時間をスケジュールすることができるということだ。

日の単位で仕事のオンとオフを分ける必要がないのだったら、好きなところを旅行にしながら仕事が出来るだろう。

午前中はホテルの部屋で仕事に集中。午後からはその土地の観光。夜はまたホテルで仕事。

もしホテルの部屋に居られないのならば、その土地のファミレスやカラオケルーム、またはレンタルスペースみたいな所を借りることもできるそうだ。

勝間和代さんはよくその土地の温泉ランドを利用するという。仕事をしながら時折休憩をはさんで温泉に入り、お土産屋を見たりして、また仕事をする、というペースでやるらしい。

じつに楽しそうな仕事の仕方である。😃

またある程度の収入が得られるならば、海外へ旅行に行きながらも、観光と仕事の両方が成立するだろう。

ただ企業に勤めていると、今の日本社会ではまだまだ出勤至上主義みたいな考えが根強いから、いつ何時会社に呼び出されるかわからないため、何日もどこかへ遠出することは決められた休暇を取らない限りむずかしいのかもしれない。

それだったら、今の時代はパソコン1台とネット環境があれば、誰でも個人で起業できるのだから、思い切って自分で仕事をスタートさせた方がいいかもしれない。

仕事仲間とは完全にオンラインでのコミュニケ-ションが可能なわけだから、自分は好きな色んな場所に行って、旅をしながら仕事もすればいい。🏝🌄

私も国内外で知らない場所に行くことは好きだし、時間や場所に縛られるのは本当は好きではないから、収入が少ないうちは近場の関東圏内くらいしか行けないだろうけど、ぜひ知らない場所に行って、仕事をしながらも散策を楽しめるワーケーションをやりたいと思う。

そして行く行くは海外でもそれができるように頑張りたい。

 

みゆさん ٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

 Amazon.co.jp アソシエイト

 Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 

生活を転換させるために「今日だけは〇〇する」 (*´∀`*)

f:id:miyunekoclub:20190221103320j:image

こんにちは、みゆさんです (*´∀`*)

ある本のページで見つけた、私たちの悩みを消し去り、生きる喜びを無限に増大させることができる方法を今日は紹介しようと思う。

「今日だけは」というリストなのだが、とりあえず今日だけに限定してもいいから、これをやってみると、そこから先の意識が変っていくという方法である。

私などはネガティブでダウナーになりやすいタイプなので、毎日こんなことをやることは無理だと思うけれど、せめて気分が良いときくらいはやってみようと思う。

 

        「今日だけは」

今日だけは幸福でいよう。リンカーンは(大抵の人々は自分で決心した程度だけ幸福になれる)といったが、幸福は内部から生じる。外部からではない

今日だけは、自分自身をその場の状況に順応させて、自分の欲望のために全てを順応させることを控えよう。自分も家族も仕事もあるがままに受け入れて、自分もそれに合わせよう。

今日だけは身体に気をつけよう。運動をし身体を大切にし栄養を取ろう。肉体を酷使したり、軽視する事は慎もう。そうすれば身体は意のままに動く完全な機会になるだろう。

今日だけは自分の精神を鍛えよう。何か有益なことを学び取ろう。

今日だけは魂の訓練のために3つのことをしよう。誰かに親切を施し、気づかれないようにしよう。2つは自分のしたくないことをしよう。

今日だけは愛想よくしよう。できる限り晴れやかな顔をし、穏やかな口調で話し、礼儀正しく振る舞い、惜しげなく人をほめよう。他人の批判やあら探しを慎み、戒めたりすることをやめよう。

今日だけは今日1日だけを生き抜くことにして、人生のあらゆる問題に同時に取り組むことをやめよう。

今日だけは1日の計画を立てよう。処理すべき仕事を1時間ごとに書き出そう。

今日だけはたった1人で静かにくつろぐ時間を30分だけ生み出そう。

今日だけは恐れないようにしよう。特に幸福になることを恐れたり、私の愛する人が私を愛していると信じることを恐れないようにしよう。

全部を実践するのは、ちょっとむずかしいかもしれないけれど、やれるところだけやればいいのかもしれない。

いつもはマイナス思考でも、今日はなんとなく明るく生きていきたいなあと思うときにぜひトライしてみよう。

 

みゆさん (*´∀`*)

 

道は開ける 文庫版

道は開ける 文庫版

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 Amazon.co.jp アソシエイト

 

語学は文化まで興味を持たないと上達しない (*´・∀・)

f:id:miyunekoclub:20190221090026j:plain

こんにちは、みゆさんです o(・ω・。)

日本人は学校でも英語の教育を受けているだけあって、外国語の会話を習得するのに、最初に英語を学ぶ人が多い。

私もそのうちの1人なのだが、つくづく思うのが英語をマスターすることは日本人にはハードルが高いということだ。

なぜなら、発音や文法の点でも、言語の持つ性質が日本語と英語ではまったく異なり、ほとんど共通点のない言語同士だからである。

そんなハードルの高い外国語であっても、少しだけ楽に学べるようになる方法がある。👆

それはその言語を使用する国の文化に興味を持つことである。

いやむしろ、それなしでは言語の習得はなかなか上手くできないだろうと思う。

言語はその国の文化の一つでもある。

学びたい言語をただテキストや動画などを使い、リスニングの訓練をしたり、語彙を覚えたりと、勉強のように学んでいくだけでは上達に限界がある。

人は様々な目的があって外国語を学ぶ。

一番多いのは、ビジネス的な理由で、仕事での取引先が海外だったり、海外のお客さんへの接客、販売業で必要だったり、外資系の会社では上司が外国人でコミュニケーションのために外国語の習得が必須になるからなどの理由があげられる。

この場合は、強い成功欲や出世欲がある人ならば、そのビジネスで必要なだけの英語をちゃんとマスターすることができるだろう。

ただ一般的に汎用性のある英会話の習得ができるかと言うと、それは疑問である。🙁

ビジネス目的もあるけれど、同時にその人がその言語を使う国の文化にも興味を持っていて、その国を旅行したり、その国の映画や音楽を楽しんでいるような人なのであれば、幅の広いどこでも使える英語を身につけられると思う。

なぜなら、語学を効果的にマスターするためには、その過程を楽しいと思えなければ、学習を持続することがむずかしくなるからである。

私の場合は、中高生くらいのころからニューヨークに憧れていたり、シアトルに行きたいと思っていたり、ハリウッド映画や洋楽に興味を持っていたので、英語を学ぶことに対してそれほどハードルを感じなかった。

確かに資格試験などに何度も落ちていたときはツラかったけれど、それでも会話の習得に関しては、すべてが自分の興味がある分野につながることだったので、楽しく勉強して努力できたと思う。

今現在は、海外のお客さまへの接客のために中国語を少し勉強しているが、なんとなく自分はそれほど上達できないんじゃないかなあ、と感じている。

なぜなら、私は中国系の文化に対する興味が薄いからである。😔

個人で中国や台湾に旅行に行ったこともないし、あっちの音楽も聞かないし、映画は一時期観ていたこともあるけれど、はまるほどではなかった。文学や歴史にはそれほど詳しくないし。

しかし最近では香港か台湾か上海なら少し行ってみたいかなあと思い始めたので、ひょっとしたら少しは中国語もよくなるかもしれない。

またフランス語も同時進行で少し学んでいるけれど、こちらも微妙である。

フランスへは是非いつか旅行してみたいとは昔から思っているけれど、フランスの音楽や映画や文学や歴史などの文化にはそれほど興味がない。

強いて言えば、ルーブル美術館やポンピドゥーはすごく行きたいし、雑貨や建造物には惹かれるものが多いので、観光目的だけならば、フランス語を頑張ることができるかもしれないけれど、一時的なもので終わってしまう可能性もある。

よく「外国語をマスターしたいならその国の恋人をつくれ」といわれているが、確かに外国人を好きになって、その人の文化までも一緒に興味を持つことができれば、これほど強いモチベーションを発揮するものはないと思うが、ただその外国人が好みのタイプで、その人個人と付き合うことだけに興味を持っているようならば、その恋がダメになってしまったら、外国語を学ぶことにも飽きてしまう可能性がある。

どの外国語であっても、その言語以外にも国の文化や歴史や人々にも興味を持って勉強する方が上達には近道なのである。

 

みゆさん (๑˃̵ᴗ˂̵)و

 Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

 

 Amazon.co.jp アソシエイト

ダメだけど諦められないことは、期限を決める _φ( ̄ー ̄ )

f:id:miyunekoclub:20190220222846j:image

こんばんは、みゆさんです (。・ω・。)

4年前に外資系の会社の派遣のフルタイムの仕事を辞めて以来、フルタイムの仕事はやっていない。

心の底から疲弊し消耗してしまい、心が病んでしまっていたから、1年くらいは別の仕事を始められずニートの状態だった。

ずっと昔から会社勤めが苦手で、社員だったのは20代までだけだ。

フリーランスで仕事をやりたくて、ずっと模索し続けてきたが、いつも副業どまりである。

そもそも、自分が本格的に何をしたいのか、明確ではないのかもしれない。

人は1つのことにグダグダと何年もこだわっていながら、どうしても上手くいかないときがある。

中途半端な情熱や態度なものだから、何もかもすべてが中途半端になってしまう。

そんな時はそろそろ年貢の納め時で、そこからはもう期限を決めて、集中して頑張っても、それまでに何かしらの「動き」が見られないのなら、その道はキッパリ諦めて別の道を探した方がいいということだ。

「何がなんでもそれをやりたいのだ」という気持ちがなければ、収入もほとんどなく、ただ積み上げていかなければならない期間にいつまでも耐えることなど出来ないだろう。

私の場合はとりあえず、今年の自分の誕生日までは、やれることをもう少しやってみて、もし何も変わらなければ、違う生き方にシフトしていこうと思う。

やれると思うことは、とりあえず手当たり次第やってみる。

期限を決めないと、人というのはひたすら怠惰になるし、ものごとを先延ばししてしまう。

だから、頑張ってみるしかない。

 

みゆさん (。-∀-)

 

たった1枚の紙で「続かない」「やりたくない」「自信がない」がなくなる

たった1枚の紙で「続かない」「やりたくない」「自信がない」がなくなる

 

 Amazon.co.jp アソシエイト

ネガティブでいると、悪い人が寄ってくる (>人<;)

f:id:miyunekoclub:20190219192002j:image

こんにちは、みゆさんです (>人<;)

「ネガティヴ」には中毒性があると思う。

一見ツラそうに思えるネガティヴな態度や言動をすることは、じつはポジティブに振る舞うより楽なのだそうだ。

自分を卑下したり、恥じたり、否定することで、一種のナルシシズムに陥いることもある。

しかしネガティヴで居続けることはとても危険である。

なぜなら、良くない人たちを自分の周りに引き寄せてしまうからだ。

私にはそのような経験があるので、わりと自信を持ってそう言える。

まず変な詐欺まがいのキャッチセールスの人たちに声をかけられたり、宗教勧誘とか、インチキ占い師などに目をつけられやすくなる。

おそらく街を歩いている自分に覇気がなく、暗く目が死んでいたからだろう。

負のオーラのある弱々しい人間を、反社会的な人間たちは常に狙っているからだ。

また怒りの感情を溜めすぎてコントロールのきかない状態になっている時にも要注意だ。

同じような怒りに満ちたヒステリーな人間に遭遇しやすくなる。

私にも経験がある。

昔ある時期に私はいつも物凄くイライラしていて、胸の中が真っ黒でドロドロだったとき、非常に頻繁に、電車の中や駅の構内や町中で、怒って私にひじ鉄を食らわしてきたり、ぶつかってくる知らない中年女性たちに出くわしていた。

カウンセラーに通い、比較的穏やかになったあとからは、まったくそのような人物たちに出会うことがなくなったから不思議だった。

引き寄せの法則ってやつである。

現実は私たち個々の心象風景だというから、負の感情で満たされている人が見えている世界は、それを投影して映している世界だから、同じような負の要素を持った人物が現れたり、良くない負の出来事が起こりがちになる。

自分の心が真っ暗なダークサイドに堕ちていた日々に遭遇した怖い人々の顔は忘れられない。男女共にみなすごい形相をしていた。

私自身はその当時、きっとモンスターになりかかっていたのかもしれない。

あの時期に遭遇したモンスターたちは、まさしく私自身を写した鏡だったのだろう。

さすがに自分はひょっとしたらヤバいんじゃないかと思いはじめ、そこからどうにかして自分の心の病理をなんとかしようと、カウンセラーに行くことにしたのだ。

私はまだ途中で気がついたから、それほど悪いことは多く起こらず、まだよかったけれど、ネガティヴがもっと酷くなると、サイコパスのような反社会性人格の人たちをおびき寄せやすくなり、事件に巻き込まれたり、認知機能の働きのレベルが低くなるから事故にも遭いやすくなる。

だから、ネガティヴになってしまうのは仕方がないことなんだけれど、ほどほどにしておいた方がいいということである。

心をなるべく穏やかにして明るくしていた方が、いい人が周りに集まりやすくなる。

人間関係もその方がトラブルが少なくていいだろう。

あまりネガティヴでいると、弱みに漬け込もうとしたり、騙そうとしたり、いいように利用しようとする輩が寄ってくるから、人間関係は最悪になる。

それも、やつらは初めはいかにもいい人そうに振る舞い接してくるから厄介だ。

メンヘラ気味の人は、非常にマイナス思考に傾き易いのは仕方ない。

でも時々はハッと気づいて、ぜひ演技でもいいからプラスの思考へとハンドルを切ってみよう。

いい方法は笑顔を無理矢理に作ることだ。

もっと振り切りたければ、アッハッハッハッハと思い切り笑ってしまおう。

すると脳が「私は楽しいんだ」と後付けで認識するのだ。

少し気持ち悪さはあるけれど、変な人がそばに寄ってくるよりはいいだろう。

 

みゆさん ʕ•ᴥ•ʔ

 

「イヤな気持ち」を消す技術

「イヤな気持ち」を消す技術

 

 

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

 

 Amazon.co.jp アソシエイト

 

だるさ、眠さ、うつっぽさと戦いながら一日をすごす (>人<;)

こんにちは、みゆさんです ( ;∀;)

自分の体でありながら、自分でコントロールするのはむずかしい。

ある程度は自律神経のバランスをひどく崩してしまうことからは防ぐことはできても、やはり自力では調整しきれない。

体がだるいし、眠いし、少しうつうつしているし、こんな日は誰にでもある。

悲しくて少し泣きそうな気分にもなる。

しかし仕事に行かなければならなかった。

接客の仕事だから、お客さんと話さなければならない。

憂鬱で仕方ないけれど、今ある現実がそれだから、それをやるしかない。

しかし今朝は晴れていて太陽が出ているから、いくらかマシだった。

お日様の存在はほんとうにすごい、そしてありがたい。

太陽と青空が広がっているぶん、気持ちも落ち着いて、なんとなく明るくなる。

一旦仕事がスタートすれば、1つ1つのタスクに集中して取り組んでいる間は、とりあえず忙しいから、余計なことを考えなくても済む。

しかし、休憩の時間になると、気分は一気に落ちる。

「あ〜〜どうして私はこれほどダメな人間なのだろう」

「もうすべてが面倒くさい、何もしたくない」

ネガティヴなセルフトークはよくない。ポジティブなセルフトークをつねにして、自己肯定感を高めるべきだ、、、わかっている。そうするべきだと頭では理解しているけれど、やっぱむずかしい。

自動的にネガティヴな思考のスイッチが入っちゃうんだから、もうどうしようもないわ。

いっそのこと、お客さんからクレームをくらってしまえば、そっちの対応処理に追われて、意識をそちらに持っていけるから、一時的にでも自分の人生の問題から離れられるのにな、などと考えるのは最低だろうか?

できることといえば、ただ、ここ最近の中で一番落ちてダウナーになっている自分を、もう1人の自分が眺めているしかない。

「ああ今日の私は落ち込んでるなあ」と第三者の視線で、神様にでもなったかのように見下ろしていよう。

今日眠れば、明日は少しはマシな日になっているかもしれない。

今日はただダメな自分をそのまま放っておこうと思う。

明日のことは明日の自分に任せればいいんだ。

 

みゆさん  o(`ω´ )o

 

 Amazon.co.jp アソシエイト