みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

1日何もしないのはむずかしい。。|_・)

f:id:miyunekoclub:20180304072134j:plain

こんにちは、みゆさんです σ(´Д`●)

なんかこの写真ひな祭りの日なんてとっくにすぎているのにおかしいよね。。数日前にはっつけたものなので、こうなっちゃいました。。。😅

さて、休みの時に1日何もせずにただひたすらグダグダすごしたり、ボーッとしていたりすることってあるだろうか?

本当に何もしないのである。出来ればテレビもほとんど見ないで、ただずっと眠り続けていたり、酒をひたすら飲んでいたりとか。🍾

最近自分はこのようなことが出来なくなってきたと思う。

何もしないでいると時間をムダにしているようで、焦ってきてしまい、ネットサーフィンをして何かしら調べたり、気になる音楽を検索したりとか、とにかく何かしらしてしまうので、本当に何もしないでいることが出来ない。

 本当のところ、時間をムダにするのが怖いというよりは、何もしないことはサボっているみたいで、監視しているもう一人の自分や、同居している親の目に対して恐れているようにも思える。👀

なんか世の中の価値観が、忙しい人の方がかっこよくて正しい、何もせずにフラフラとしているのは暇人でかっこわるいし悪、時は金なり、1分1秒でもムダにせずに何かしらをしていることが効率的な生き方で正しい、みたいな考え方を持っている人が現代の日本社会には沢山いると思う。

そのようにセカセカと動いている人は仕事がバリバリ出来るタイプであるけれど、ほとんど強迫観念で動いているんじゃないかと時々感じる。

実は、何もしない時間=適度な休憩を取る時間であり、これがあることで効率的な活動が出来るのだ。

だからセカセカと1分1秒ムダにせず、絶えず動き回っている人たちは、活動的に見える割には、結構な割合で常に体のどこかしらが痛いとか調子悪いと訴えていたり、しょっちゅう風邪をひいたりしているのも事実である。また健康診断でも良く何かしらで引っかかっている人も多い。😰

何もしないことに罪悪感を感じて、何も出来ないことに焦りや後ろめたさを感じていると、確実にストレスが貯まり、自律神経に悪い影響を与える。

現にそれは私自身が体験したことだ。

何もしない、何も出来ない時は、周りから何を言われようと、本当は何もしない方がいいのだ。それは自分の体が何もしたくないと訴えているからである。😷

眠たかったらとことん眠ることである。罪悪感など感じる必要はない。

何もしないことで思う存分に体と脳を休めると、必ずまた活動したくなる。

何年か前の引きこもり期間にそれを実感した。

何もしたくない、何もやらないは徹底した方がいい。今は何もやらないんだと。

何もしないのはサボっているのではない。休息しているのである。

それが人によっては1年に渡ることもある。もし何も問題なくそれ以上の期間働かなくても衣食住が確保出来るのなら、何年でもいいと思う。😐

そのようにしているうちに、ストレスフリーになり、またクリエイティブになり、新しい活動が出来るようになるのだと思う。

 

 みゆさん(*´・∀・)

 

 

  Amazon.co.jpアソシエイト