みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

どうしても人生の次の扉が開かない(´ェ`;)

f:id:miyunekoclub:20180425121353j:plain

こんにちは、みゆさんです |д・)

人生にはどうしたって次の扉が開かないという時期が何度かある。🚪

それは停滞期である。💭

次のステージに進みたくても、いくら動きたくても、どうにもこうにも進めないという時期である。

そのドアをどうにかしてこじ開けようとしても叩いても壊そうとしてもビクともしない頑丈で重い、人生の停滞期という扉だ。🚪

その停滞期とは、大体において今の自分を大きく変えたい、人生を大きく変えたいと思う時である。

いつまでもいつまでも変化がなくずっと同じ場所に留まっているような感覚を覚え、イライラするし、どうせ自分なんてダメなんだと諦めモードになったり、またもう少し頑張ってみようと立ち直ってみたりの繰り返しで、まさに同じ所をただグルグル回っているような、まさに停滞している時期である。💧

自分には成長がない。いつも同じ失敗の繰り返し。物事は1ミリも良い方に進まない。

人によってはこんなツラい時期が何年も何年も続く場合もある。😱😭😰

次への変化の扉はそう簡単には開かない。

思い切って自分の人格そのものを変えなければ無理なのかもしれない。しかし生まれ持った気質は変えることはほとんど不可能に近い。😣

じゃあどうすればいいのだろう?このようなツラい時期にどのように生きればいいのだろうか?

それは動かないことである。🗻

もちろん何もしないというわけではない。努力することは必要である。動かないというのは、大きなアクションを起こそうとするのではなく、次の人生の転機に備えての準備の時間、仕込みの時間と考えることである。

私も以前語学系のある試験に何度も落ち続けたり点数も上げられず、成長もせず何年もずっと同じ場所に留まっているような苦しい時期があったけれど、あるとき諦めの境地になり何かがストンと落ちた時、試験に合格した。その後は自分の語学の実力が、何年も前の勉強を始める前とは比べものにならないくらいにレベルアップしていたことに気がついた。

あの次のステージへの扉が開かず狼狽えていた時期は、じつは停滞していたように見えていただけで、確実に1ミリ1ミリ毎日前進しており、ちゃんと成長していたんだと悟ったのである。⛩

停滞している時には何をやっても上手くいかないのは事実であるけれど、決してエネルギーを失っているのではない。むしろエネルギーを蓄えているのである。

例えば個人事業を始めたのはいいけれど、頑張っているのに1年経ってもまだ1人もお客が付かない、というような人も結構いるかもしれない。しかしそれは決して無駄な時間ではない。着実に実力やエネルギーを貯めているのである。🔥

そうやっているうちに、必ず次の扉が開く時が来る。🌞🚪

私も現在、次の人生のステージの扉が開かなくてずーっとイライラしたりヤキモキした気持ちになったり不安になりがちである。自分が何も出来ていないような気がして焦ってもいる。しかしそれでも絶対に次の扉が開くと信じている。✨

今人生の本当にツラい局面に立っている人も必ず次の扉は開くから、それまで努力をしつつも楽しみに待っている方が賢い生き方なのかもしれない。

 

 みゆさん (๑˃̵ᴗ˂̵)و 

 

今、行き詰まっている君へ: 人生をきりひらく80の知恵

今、行き詰まっている君へ: 人生をきりひらく80の知恵

  • 作者: レナルド・フェルドマン,M.ジャン・ルミ,浅井真砂
  • 出版社/メーカー: 鳥影社
  • 発売日: 2018/07/08
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

Amazon.co.jpアソシエイト