みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

非・常識で生きてゆく(。☌ᴗ☌。)

 

f:id:miyunekoclub:20180718093400j:plain

こんにちは、みゆさんです (◍•ᴗ•◍)

「自分は人と違う生き方をしているし、人に変わっていると言われるけれど、何も気にならない、全然平気だ、むしろ楽しんでいる」🤡

と言えるような人生を送っている人って日本人にどれだけいるだろうか?

きっと日本ではこのようなタイプの人は少ないのではないかと思う。

日本人は人と違うことをやることを恐れる人が多い。👻

本心ならば、人と違うことでも自分の好きなことをやって生きてゆきたいけれど、皆と同じことをして右に習えで生きてゆく方が抵抗が少なくて楽な生き方だから、なんとなく他人と同調して同じように生きて行く道を選ぶのである。

周りから変人扱いされるのも怖いし、笑われるのもイヤだし、皆がやっていることをしていればとりあえず間違いはないのだから、楽に生きるためにも量産型に混じっていた方がいい。

つまり多くの人は「常識」的に生きたいのである。🌳🐑🐄

そしてそれの逆は「非常識」と考える。

多数派の意見や考え方や生き方こそが「常識」的であり、それが正解だと思い込む。

たとえ頭のどこかで「自分の生き方はこれじゃないのでは?」「これって本当に正しいことなのか?」「こんなことしてて幸せになれるんだろうか?」などと心の中に疑問が生じたとしても、「でも世間の多くの人もこうして生きているわけだし、これは間違いないはずだ」と無理矢理自分に言い聞かして、本位ではない生き方をしてしまうのだ。

この世間の「常識」に従って生きるということは、自分ではなく他人本位の生き方をするということになる。

世間一般が”これが正解”と見なす生き方を選ぶことであり、自分自身の考えに基づく生き方をするわけではない。☹☹☹

「どうやったら他人に受け入れられるだろうか?」という思考で常に生きることである。

なんと不自由な生き方なのだろう。。。🐂🐄🐏🐴🐖

しかし多くの日本人は他人に受け入れられずに拒否されることを最も恐れているのだ。

「常識外れ」と批判されて、後ろ指をさされて嫌われたりすることをものすごく怖がる。🐉

しかしそんなことを思いながらも、心の底ではもっと自分本位に自由に生きたいと思うし、自分の人生を誰もが変えたいと思っているものである。

でもそのためには「非常識」に生きなければならない。🦇

さて、ここでこの言葉「非常識」である。

このままだと、まるで道徳心も全くなく、マナーもまったく守らない、世間のはみ出し者のような印象を持ってしまう言葉である。

しかしそんなことはない。道徳心やマナーを堅持しながらも、自分の好きなように自由に生きることは出来るはずである。🐦

じゃあ「非・常識」に生きるというのはどうだろうか?

この形ならば、「常識ではない」という、必ずしも世間一般のその他大勢の意見や言動とは一致しない、という意味合いのソフトな印象になる。🐼

自分の人生を本当に変えたいと思うならば、「非・常識」にならないとダメかもしれない。

「何が一般的に受け入れられるだろうか?」と考えるのではなく、

「何が最高なんだろう?」と考えながら生きることにシフトしてゆくのだ。

常識はずれと言われたり、嫌われることを恐れてはいけない。🦊

他人が求めていることばかりをして生きてゆくのは本当にツラい。

そうやって生きているから、毎日ツラいツラい、辞めたい辞めたいと思っているのに、毎日朝早くから会社に行って遅くまで仕事をしなければならない人生になる。

疲れもストレスもMAXなのに、こんなにツラいのに、会社を辞めると皆に迷惑が掛かるから、親や親戚や周りの人から後ろ指を指されて冷たい目で見られるから、だから辞められない。😭

このまま行けば鬱になるかもしれない。体も壊すかもしれない。😱

じゃあ、あなたが体や精神を壊して会社を辞める事態になったとして、会社はあなたに何かしてくれるだろうか?

きっと何もしてくれないだろう。極端な話、過労死したとしても極力ごまかして隠蔽して何もなかったようにする可能性は高い。

仕事でなくても、他人のために自分を犠牲にして、自分の人生が壊れたとしても、他人はあなたに対して何も責任は取ってくれないだろう。🤢

だから自分のモノサシで、「非・常識」で自分の思うように生きてゆく方がいいのである。

まずはファッションから変えていったらどうだろうか?👗👔

どんなに流行っているからといって、自分が好きではない色やデザインの服を着る必要はない。自分が好きなものを着るべきだ。

「今流行っていないからダサいと思われるかも。。。」などと恐れる必要はない。

自分で「これが好きなのである。これがカッコイイのである」と確信を持って着ていると、案外人はその風格に圧倒されて「意外とこういうのもカッコイイんだなあ。。」と心を動かされたりするものである。✨

「非・常識」に生きてゆく最たる良い例は、自分で起業することだと思う。

最近はそんなに珍しいことでもなくなってきたけれど、まだまだ少数派の働き方だと思う。⭐

毎日決まった時間帯の朝9時から18時の勤務、週5日、という働き方にこだわる必要もない。毎朝満員電車で会社まで通う必要だってないかもしれない。🚉

達成するべきノルマだけ決めておけば、働く時間帯も時間数も自由。週の出勤日数も休日数も自由。会社に出勤せずに在宅だけでやることも出来る。🌟

軍隊や奴隷のように決められた労働形態に無理矢理当てはめる必要は今の時代はもうないのである。

もちろん世間一般的な「常識」的に生きることが、この上なく好きで幸福で生きやすいと言うならば、ぜひそのようにこれからも生きて行ってほしいと思う。

しかし私なんぞのように、どうしても世間に右習えの、組織や集団の中で金太郎飴のように同じようにして生きる、ということが苦手で息苦しくて仕方のない人は、ぜひ「非・常識」に生きてゆくことをお勧めしたい。🐸🐞

あくまでも「非常識(ひじょうしき)」とは違う。「非・常識(ひ・常識)」というニュアンスである。

 

 みゆさん (*´・∀・)

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

 

 Amazon.co.jpアソシエイト