みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

なぜ自分のことが嫌いなのか |_・)

f:id:miyunekoclub:20181115225438j:plain

こんにちは、みゆさんです ( ꒪⌓꒪)

あなたは自分のことが好きだろうか、それとも嫌いだろうか?

私は嫌いだとは明確には思ったことはないけれど、恥ずかしい存在だとはずっと思っていたかもしれない。😳

世の中には自分のことが嫌いだという人がけっこういるようだ。

それはなぜなのだろうか?

自分には短所しかないと考え、自己評価が著しく低く、つねに自己卑下している。

それにはある「目的」があるからである。

「自分を好きにならないでおこう」と決心しているのである。😨

「自分を好きにならない」という目的を達成するために、自分の長所を見ないで短所だけに注目しているのである。

それは私たちが他人から嫌われ、対人関係の中で傷つくことを過剰に怖れているからだという。

それには他人と関わらないことが有効なわけだから、自分の短所を出来るだけ見つけ、自分を嫌いになり、対人関係に踏み出さないようにしているというわけである。それに万が一他人に拒絶されたとしても、自分の性格が悪いからと理由付けすることも出来る、逃げ道を作れるからである。😥

他の例をあげると、赤面症で恥ずかしがり屋な女性がいて、その人は人前で話すと赤面してしまうのが悩みだという。😡

この女性にもちゃんと「目的」があって、赤面症でいるのだ。

この人は、赤面症がもし治せたら好きな男性に告白しておつきあいしてみたいと言っている。でも治らないから仕方がないと諦めている。

じつは、この女性には赤面症であることが必要なのである、なぜなら赤面症であることを理由にして、怖い思いをして好きな人に告白しなくて済むし、フラれて傷つかずに済むからである。

この女性も対人関係の中で傷つくことを回避するために、赤面症でいることを選んでいるのである。

しかし、人は1人では生きられない。🌲

必ず誰かが必要であり、対人関係の中で生きていかなければならない。

そうするには、今の自分を受け入れつつ、前に一歩踏み出す「勇気」が必要なのだ。

自分を好きになるには、「今日から自分を好きになる」と決心することから始まる。

「自分が嫌い」をやめて、「自分を好きになる」を自分で選択することが出来る。

私たちには、そうすることが出来る自由がある。🗽

そう、私たちはいつでも自分を変えられるし、いつからでも新しい人生をスタートさせることが出来るのだから。

 

みゆさん σ(´Д`●)

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 Amazon.co.jp アソシエイト