みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

居場所がないと思ったら、宇宙全体のことを考える(*´・∀・)

 

f:id:miyunekoclub:20181211225932j:plain

こんにちは、みゆさんです ٩(๑´0`๑)۶

みなさんは自分の居場所はどこなのか?というのを考えてみたら、すぐに思い浮かぶだろうか?

とりあえず、最初に家族とか親しい仲間などを思い浮かべる人が多いかもしれない。

人は自分が共同体に属している、共同体の一員であるのだと確信出来るときに幸せや安心感を感じることが出来ると前に話したことがある。

しかし、離婚をして家族という共同体を失ったり、学校を卒業して学校という共同体から離れたり、定年退職をして会社という共同体から離れ、肩書きも失ったり、またはそのような共同体の中での人間関係が上手くいかず、孤立することで、「自分の居場所」というものを喪失したように私たちは思ってしまう。

しかしこれらの属する共同体など、ほんのちっぽけな「小さな共同体」でしかない。

私たちが属する共同体というのはもっと広く、無限大で、宇宙全体にまで広がっているのである。🌌

その意味は、目の前の自分が属している共同体だけに縛られず、もっと世界全体、地球全体と自分自身との繋がりを考えるということである。

たとえ今働いている会社や通っている学校で孤立し、居場所を見つけられないと思っていても、それはほんの小さな共同体に過ぎない。

私たちはもっと大きな地域や国の社会に属しており、そこに対して何らかの貢献ができるということである。

 例えばこんな人だったらどうだろう?

仕事も失い、何らかの職業訓練も受けず、趣味もなく、何らかの社会活動もせず、友人もおらず、結婚もしておらず、恋人もおらず、家族もおらず、親の残した遺産だけで生きている人がいるとする。

こう聞くと、この人はどこにも所属する共同体がなくて、たった1人で孤独に生きているのではないかと思う。

しかし、この人も人間であるから衣食住を維持しなければならない。🍞

例えばこの人がパンを買う。対価としてお金を支払う。そこで支払ったお金は、パン職人に還元されるのはもちろん、小麦やバターの生産者たち、あるいはそれらを運んだ流通業者の人たち、ガソリンを販売する業者の人たち、さらには産油国の人たちなど、さまざまな方々に還元されているはずだし、つながっているのである。

人はただ1人生きていると思っていても、普通に生活している限り、必ず誰かと直接的ではなくとも、間接的に繋がっているということだ。

引きこもってニートやスネップ状態でいる人も、ネットの掲示板やツイッターなどで自分の考えを発信することで、それを見た人がその発言に影響を受けているかもしれない。

人は共同体を離れて「ひとり」になるということは絶対にありえないのである。

共同体というのは、家庭や会社のように目に見えるものだけではなく、目には見えないつながりまで含んでいる。

私たちは自分の家族とか、友人関係とか、職場とか、学校とか、近い距離の関係ばかりを意識していてはダメだという。😕

なぜなら、たとえばいま勤めている会社への帰属意識を絶対視しているとすると、いざその会社を辞めなければならない状況に陥った時、大きな喪失感に襲われることになり、破滅的な行動に走ってしまう可能性も出てくる。😱

学校だってそうである。今現在とても楽しい学校生活を送っており、青春を謳歌して、絶対的な所属意識を学校という共同体に持っていたとしても、どんなトラブルが起こるかわからない。イジメに遭うかもしれない。怪我や病気で部活を辞める羽目になるかもしれない。そうなると、たったひとつの自分の属する居場所を失ったショックにより、引きこもりや家庭内暴力の引き金になることだってある。😱

主婦だって、家庭だけを自分の属する共同体、居場所だと絶対視するのは危険である。

家族だって人間である以上、生老病死がある。いつだって崩壊するリスクがある。

だから私たちは自分の居場所、属する共同体は目の前にあるたった1つだと考えるのではなく、つねに別に複数あり、世界全体、地球全体、宇宙全体に広がっていると考えるべきなのである。🌏

今の会社に居場所がないのなら、いつでも辞めて転職すればいい。世間にはもっと広い世界が広がっている。もっと自分に合う別の居場所を見つければいい。

学校に居場所がなくて孤立しているというのなら、学校の「外部」に別の居場所を求めればいい。転校したっていいし、退学したっていい。

退職届け1枚、退学届け1枚で縁が切れる共同体など、しょせんその程度のつながりでしかないだ。

いま現在の会社や学校で苦しみを感じている人は、もっと外に別の広い世界があったと知ったとき、その苦しみは「コップのなかの嵐」に過ぎなかったとわかるだろう。コップの外に出てしまえば、吹き荒れていた嵐もそよ風に変るということである。🥛🌪

今目の前にある世界だけが私たちの世界ではない。

ネットの中にも膨大な世界が広がっているし、現在だけではなく、過去とも未来とも共同体はつながっているし、人間だけではなく動物やあらゆる生物、無生物の物質ともつながりがある。

私たちの居場所は無限大にあるということだから、怖れずにどんどん自分にとって最適な居場所、共同体を求めて探索していきたいと思う。

 

みゆさん (๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 Amazon.co.jpアソシエイト