みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

「やりたいことがない」なんてウソである ( ´・ω・`)

f:id:miyunekoclub:20190204091147j:plain

こんにちは、みゆさんです ( ͒ ु•·̫• ू ͒)

「わたしはやりたいことがなく、就きたい仕事、本当にやりたい仕事がない」。

こんな風に思っている人はけっこういるんじゃないでしょうか?👀

「やりたいことがない」「就きたい仕事がない」「なにが好きなのかわからない」。。。

果たしてこれは真実なのでしょうか?

じゃあ、好きなアイドルとか俳優とかアーティストなど誰かいますか?と訊かれて、例えばあなたがジャニーズのアイドルグループが好きだったり、ガッキー(新垣結衣)が好きだとするならば、その人に実際に会いたいと思うんじゃないだろうか?また欲を言えば一緒に仕事をしたい、できるならば付き合いたい、結婚もしたい、とか思うのではないだろうか?🌟

そう、あなたは「やりたいこと」があるのだ。

じゃあその自分の好きな芸能人に会うためにはどうすればいいだろうか?

自分も俳優や女優を目指したり、ミュージシャンになることを目指せばいいのではないだろうか?

もし自分自身が演者になるのがイヤならば、映画監督や演出家、脚本家、放送作家、などの芸能の裏方、又は芸能事務所に勤めてマネージャーの仕事をやるとか、テレビ局で働くとか、舞台の照明の仕事とか、衣装・ヘアメイク係とか、アシスタントディレクターとか、とにかくメディア関係の仕事をすることを目指せばいいのではないだろうか?

こんなことを言うと、「でも私なんてそんなことできっこない」「そんなこと現実的ではない」と多くの人は最初からできないと決めつけてしまう。

自分の可能性にフタをしてしまうのである。

じゃあ話をここまで膨らませなくてもいいとして、別の例をあげると、海外の旅番組を観ていて美しいフランスの田舎風景が映る。それを見て「ああ行ってみたいなあ」「こんなところに住んでみたいなあ」と思う。🌲

だったら現実にそこに行ってみればいい。それは「やりたいこと」なのだから。

しかし人はこう答える。「でもお金も暇もないし、フランス語も出来ないから。。。」と最初から「できっこない」と諦めてしまう。

また英語を流暢に話している人を見て、「自分もあんな風にペラペラと話せるようになれたらなあ。。」と思う。

だったら今すぐ英会話の勉強を始めたらいいだろう。

しかし、「もうこの歳だし無理だと思う」「仕事が忙しすぎて勉強する時間なんてない」とやはり諦めてしまう。

日常生活の中で、私たちは頻繁に「あれやりたいなあ」「これやってみたいなあ」ということをいつも頭の中で考えているにもかかわらず、それを「やりたいこと」として認識しないでいる。

それは最初から「できっこない」と決めつけて、可能性を否定し、あきらめてしまうからだ。

やっていもいないうちから「できっこない」と言い、物事を悲観的に考える。

そんなことをくり返していくうちに、次第に「やりたいこと」まで浮かんでこなくなってくる。

私ごとであるが、20代前半の頃にカナダ留学に行った経験がある。🍁

10代の後半くらいからずっと外国に住みたいという想いがあり、いつか住んでみたいという願望が頭の片隅にずっとあったのに、それをはっきりと意識することをせず、なんとなく生きていた。社会人になって何年か経った時に、自分があまりにも会社という組織で社員として働くことに向いておらず、心が病んでいたので、気晴らしに英会話を始めた。すると、また再び海外に対する興味や憧れが復活したが、どうしても海外に留学する勇気や情熱は湧かなかった。

しかし、あるきっかけで私はカナダへの留学を決意する。

それは、当時私はザ・イエロー・モンキーの大ファンで、ファンクラブにも入り、CDも全部持っていたし、ライブにも足を運ぶほどのはまりようだったのだが、ボーカルの吉井さんにいつかどうしても会いたくて、なぜか「英語が操れるようになれば、イエローモンキーと関われる仕事に就けるんじゃないだろうか?」と思い込み、会社を辞めて海外へ留学をすることを決心したのだ。

約3年ほどカナダ留学で現地に住み、夢だった海外生活を経験し、英語も話せるようになり、日本へ帰国した後は英会話スクールで講師の仕事に就いた。その時はすでに音楽関係の仕事に就きたいとか、イエモンのボーカルの吉井さんに会いたいという願望は薄くなっていたのだ。

しかしきっかけはどんなものであれ、結果的にカナダに留学してとても良かったと思っている。なぜなら10代の頃から頭の片隅にずーっと存在していた「海外に住みたい」という「やりたいこと」を叶えられたからだ。

「できっこない」という心のフタさえ外れてしまえば、「やりたいこと」など湯水のようにたくさん湧いてくる。

どんなことであっても、人間は物事に対して「できない理由」から先に考えると、どんどんネガティブになっていくという。

すべてのことに対してまずは「できる理由」を考えるくせをつけるべきなのだ。

 

みゆさん ٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 Amazon.co.jp アソシエイト