みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

「思いつく」ということは、なんらかの可能性があるということ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

f:id:miyunekoclub:20190208085505j:plain

こんにちは、みゆさんです (。☌ᴗ☌。)

もしなにか頭の中に「これがやりたい!」というイメージが浮かんできたら、それにすぐに取りかかるべきである。

すぐに実行できなくても、それについて情報を得たり、計画を立て始めるべきである。

その思いつきは直感であり、心の声だからである。🌞

「海外にどこか旅行に行きたい」「おいしいフレンチが食べたい」「音楽ライブに行きたい」など、何か思いついたらぜひそれをやるべきだ。

なぜなら、「思いつく」ということは、どんなに不可能そうに思えることでも、直感的に何らかの可能性があるから思いつくのであり、その可能性を発生させるには行動しなければならないからだ。

私はよく思いつきで行動する方なのだが、それに従って行動すると、大体いいことがある。

「20代最後だから、30歳の誕生日を迎える前にイギリスに旅行しようかなあ」と思いついたとき、本当に自分で計画を始めて、実際に旅行に行ったけれど、ほんとうに一生の思い出に残る充実したいい旅だった。

思いつきで「このライブ行ってみよう」とライブチケットを購入し行ったライブは、すごく自分の好きな世界観とマッチしていて、心の底から楽しめたし、元気がなくて塞ぎ込んでいた心が浄化され、自分の心が本当に求めるものは何なのかを改めて考えるきっかけをもらった。

しかし、思いついたことすべてを実行するのは、場合によってはむずかしいときもある。

膨大なお金や時間が掛かるようなこともあるからだ。

現代人の私たちは忙しい人が多いから、まとまった時間をとることもむずかしいし、お金だってそれほどかけられない。せっかくなにかを思いついても何もできないのは悲しいことである。😣

そんな実情があるときは、せめてノートに書き出すとか、メモアプリかなにかに書き記しておき、できることから少しずつやっていくしかない。

例えば将来「イタリアで暮らしてみたい」と思いついたのなら、今の時点ではできそうもないけれど、それに向けて毎日1日15分でいいから、イタリア語の勉強をするところから始めてみるといいでしょう。

そしてイタリアの住みたい地域の画像をいつも検索して眺めたり、写真集を買って部屋に置いておくとか、ポスターを貼っておくとかするとイメージの臨場感が高まるかもしれない。

ぜひ自分の中の「思いつき」を蔑ろにせずに、とても大事なものと捉えて、それをできたら実行してみましょう。

 

みゆさん (*´∀`*)

 

自分の気持ちがわからなくなったら読む本

自分の気持ちがわからなくなったら読む本

 

 Amazon.co.jp アソシエイト