みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

年齢、性別、国籍、人種のちがいを超越して (*´∀`)♪

f:id:miyunekoclub:20190224220641j:plain

こんにちは、みゆさんです ٩( 'ω' )و

性別や年齢や国籍や人種が、なんだか曖昧な雰囲気の人たちがいる。

私は昔からそのような人たちに憧れている。

その代表格としてあげられるのは美輪明宏さんだろう。

美輪さんは昔から尊敬しており、まさに性別や年齢や人種などを超越した立派なお方だと思っている。

他にはXJAPANのYoshikiさんとか、指揮者の西本智実さんとか、メイプル超合金カズレーザーとか、ベルばらのオスカルなど。。

最近ではタレントのナジャグランディーバさんもそうだと思うが、男っぽくもなく、かと言って女っぽくもない、若くもないし、年をとっているようにも見えない、典型的な日本人っぽくもなく、その人独特のオリジナルの世界観や風貌を持っている人たちだ。

ここにあげた人たちは皆ある意味「両性具有」であり、男の部分も女の部分も中性の部分もすべて持ち、日本人的な思考だけでなく欧米的な思考なども併せ持ち、抽象度の高い、世界レベルというか、あらゆる概念を超えた「人間」としての魅力がある。

他にもまだいる。フィギュアスケート羽生結弦選手、歌舞伎の坂東玉三郎さん、俳優で名脇役篠井英介さん、ファッションデザイナーであり国連の活動もしている 渋谷ザニーさんなども老若男女や国籍の垣根をあまり感じない、いわば麗人のような人たちである。

このような人に共通するのは、美しさと洗練された佇まいだと思う。

私はハッキリとした「男らしい」とか「女らしい」というイメージや概念がどちらかといえば苦手な方で、それを前面に押し出しているような人はどうもダメである。

また自分のナショナリティを強調しすぎな人や、若さをやたらとアピールしたり、反対に老いを自虐ネタにしすぎる人も苦手である。

なんとなく性別も年齢も国籍の区別もボンヤリしている人の方が私は安心する。

どこの国出身だって、性自認がなんだって、「いい人間」ならばなんだっていいのだ。

大切なのはあなたが「いい人間かどうか」である。

美しい人、立派な人はすべてを超越しているのだ。

だから憧れる。そのような人、麗人になりたい。

それにはもっと魂の修行をしなければならないだろう。

こういうことを言うとスピリチュアルなやつだと思われるかもしれないけれどね。

みゆさん   (*⁰▿⁰*)

 

愛の話 幸福の話

愛の話 幸福の話

 
花言葉

花言葉

 

 Amazon.co.jp アソシエイト