みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

外国人の非リアとリア充 (*´・∀・)

f:id:miyunekoclub:20190323222149j:plain

こんばんわ、みゆさんです  (*´∀`*)

日本では、リア充と非リア充の割合を見ると、若干非リアの方が多めで、その非リアにも大きく分けて2種類いて、明るくよく喋り、コミュニケーション能力のあるオタク系非リアと、コミュ障で友だちもなかなか作れない内向的な性格の非リアがいる。

一方日本では本格的なガチのリア充タイプは少数派ということになるけれど、あの派手さと異常なまでのコミュ能力と華やかさで目立つ存在だから、世の中のトレンドをリードする役目を担っている。

じゃあ外国人、特に欧米人はどうかというと、日本とは反対で、全体的に若干リア充の方が多めな気がする。

そして非リアに関しては、日本人も欧米人も風貌がとても似通っているのが興味深い。

オタクタイプの人の雰囲気というのは、男性も女性もどうやら世界共通らしい。

ただ日本とちがい、欧米人の非リアたちはよく発言をするし、自己主張もよくする。

リア充たちに小バカにされながらも、負けずに言うべきことはちゃんと言うから、彼らはエライと思う。

欧米人のリア充タイプの「イケてる度」は凄まじい。

10代の若者でも大人っぽく、ファッショナブルで、モデルばりのルックスの良さの男女がゴロゴロいる。

とてもじゃないけど、「普通クラス」の人たちがお近づき出来るような雰囲気ではない。

いかにも「私たちはイケてるのが当然、世の中の最先端を行くのはいつも私たち」と言わんばかりに、まるで世界の中心にいるかのようにいつも空間の中心を独占している人種たちだと思った。

その分冴えない非リアのマジメ系に対する蔑み方はエゲツない。

海外映画やドラマでも、大人しい系、マジメ系な冴えない非リアグループを、リア充グループがダサいなどとこき下ろすシーンがよくある。

非リア系は日本よりも欧米諸国の方が風当たりが強いのかもしれない。

だから、欧米の非リアはタフであり、ハングリー精神がある。

そして、明るい系の非リアが多く、で自己主張の強いオタクが多く、非リアグループの中でも地味なオタク同士で恋人を作るし、非リアの中のリア充生活を楽しめる人たちと言っていいかもしれない。

その点は日本の非リアとは少しちがうようだ。日本人の非リアはこじらせ系が多く、恋愛が苦手なタイプが多いし、ぼっちでメンヘラの数もけっこういると思う。

おそらく欧米諸国と日本では義務教育の内容に違いがあり、欧米の国では子供に独立心と自己責任を養うための教育を受けるから、小さい時から議論の中で自分の考えをちゃんと言葉で伝えることを学ぶ。

そのためか、口下手でダンマリなコミュ障が、非リアタイプであっても少なめなのかもしれない。

私が昔カナダのコミュニティーカレッジに留学していた時の、同じコースを取っていて、仲良くしてもらっていたカナダ人の女の子は、ややぼっち系で、コミュニケーションスキルにおいても他のカナダ人の若者と比べて不器用さが見られて、若干浮いているようではあったけれど、クラスでのディスカッションの際は、テーマの問題に対してもキチンとみんなの前で議論していたし、それなりに自己肯定感も持っていたと思う。

私自身も完全に非リア系の人間なので、いつも大人しい人や不器用な人の味方をしてしまう。

そして日本人の非リアタイプの人たちも、海外の同じような人たちのように、大人しく派手じゃなくて、地味であったとしても、自己肯定感を持って、独立心を持ち、楽しく幸せな人生を送ってほしいと思っている。

 

みゆさん  (*´∀`*)

 

「意識高い系」の研究 (文春新書)

「意識高い系」の研究 (文春新書)

 

 Amazon.co.jp アソシエイト