みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

休暇は1日単位ではなく、時間単位が理想だ(^・∀・^)

f:id:miyunekoclub:20190426111444j:plain

こんばんは、みゆさんです(・×・)

明日から世間は10連休という、国家レベルの未曾有の長期休暇(日本人にとっては)に入る。

私はサービス業でこの期間はほとんど仕事なので、この「お祭り」には参加できないが、自分がもしこの10連休に参加するとしたらどのように過ごすだろうか?

行楽地はきっとどこに行っても混雑しているし、交通も混雑渋滞だし、旅行もすごく高いし、繁華街も混み混みだし、テーマパークも長蛇の列だろうし、レストランもフードコートも行列だし、外出してもそれほど心底楽しい感じではないのが現実だ。😔

もし10日間の連休を取らなければならないとするならば、部屋の片付けや掃除をする、家で本をたくさん読む、映画をたくさん観る、録り溜めたテレビ番組の録画を観る、料理をする、ウォーキングやジョギングで自宅から行けるところまで行く、ガーデニングをする、家に友人を呼んでパーティーをする。。。。🌷

そして最も大切なのは「なにもしないで、のんびりする」ことである。🍀

しかし、休みが丸1日単位なのが最近イヤになってきた。

自分の裁量権で「この日の午前中は仕事」「午後は休み」とか、「夜の7時~9時までまた仕事」とか自由自在に、1日の中で仕事する時間と休む時間を混在させる働き方も悪くないなあと思い始めている。

なんか会社でこの日1日は仕事、この日1日は休み、と決められるのは好きではない。😑

人間の1日というのは、朝に新しく生まれ変わった自分として起き、夜に眠ることで今日の自分が死に、また次の日に新しい自分として生まれ変わるというサイクルで生きているようなものだ。🌅

そうなると、朝から晩まで会社で働くというのは、その日の自分の人生を丸々会社に奪われてしまっているような感覚になってくる。

それに休暇を取るのに丸1日はいらないんじゃないかと思うこともある。

1日の数時間を仕事の時間とし、残りを休暇の時間として自分の好きなことをして過ごす、というのはとてもいいと思う。

ただし、会社に行かなければ仕事が成り立たないという仕事ならば、この休暇の取り方は効率よくできない。どうしても通勤時間のロスが出てしまうからだ。

通勤する場所と同じ方面の場所で休暇を取るというのならば、仕事後に遊びに出かけるとか、習い事をするとか、何かしらのアクティビティをすることもできるとは思うが。

丸1日仕事だけして、次の日に丸1日休暇となると、ONとOFF、緊張する日とリラックスする日、と仕事日と休暇日のモードが極端に違いすぎて、スイッチの切り替えにものすごいエネルギーを要することもある。

特に仕事がツラくて仕方ないという人は、この切り替えがなかなか出来なくて、うつになってしまうこともあるから厄介だ。😰

たとえば、もし明日の朝仕事があっても、午後1時までで終わりだと思ったら、少しは気が楽になるし、午後に休暇を取ることでかなりリフレッシュできるんじゃないかと思う。

朝の9時半から18時半までの仕事だと、はっきり言って他のことがほとんど何もできないし、その日の自分の生命が会社に捕われているような錯覚に陥る。

その日1日の自分の人生の手綱を自分でしっかりと握っているという実感を覚えるには、仕事をする時間帯、休む時間帯を自由に決められることが理想だと思う。

 

みゆさん(。・ω・)ノ

僕たちはもう働かなくていい(小学館新書)
 

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

 Amazon.co.jp アソシエイト