みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

正直に生きる、ウソがつけない人o(・x・)/

f:id:miyunekoclub:20190506192549j:image

こんばんは、みゆさんですd( ̄  ̄)

さてあなたは正直者でしょうか?

私自身は結構な正直もので、自分に対してもウソをつけないし、他人に対してもウソをつくのが苦手なタイプである。

10代の頃は特にこの傾向が強かったので、学校のクラスの友人関係ではよくツライ思いをしていたものだ。

また言ってはいけないことを言って、子供時代にはよく自分の親に叱られていたものだ。

正直さによって、若いときに様々なトラブルや苦労を経験した私は、大人になった今どうなのかというと「それほど変わってない」というのが現状である。

よく言えば誠実、悪く言えば融通がきかない、不器用な人間ということである。

接客業をして、物やサービスを売らなければならないとき、セールストークでウソをつくことは不可欠であるが、私の場合、いくら会社に言えと言われても、お客さんにウソの情報はなるべく伝えないようにしているし、言わざるを得ないときでも、曖昧にモゴモゴと小さめの声でサラッと言って、一応言ったという程でいる。

また明らかに私の勤めている店舗のおかしな点についてお客様に指摘されたときも、自分は否定をせずに、「なんででしょうね〜」と曖昧な返事をして、半笑いでその場をしのぐ。😅

私は逆に不思議に思う。❓

世の中にはなぜあんなに息を吸って吐くようにスラスラとウソをつける人がいるのかと。

心の中に引っかかりがあれば、あんな風にスムーズにペラペラと言葉が出てこないと思う。

しかしきっとウソは習慣化するものなんじゃないかとも思う。

本心が"黒だ"と言っているのに、"白だ"と言わなければならないときは顔が引きつるし、舌がもつれる。

キライなものや人を目の前にして、まるで好きなように振る舞うなんて芸当はとても出来ない。

なるべくならウソをつかずに済むように生きていきたいものだ。

ただし時と場合によっては「ホワイトライ」善意から来る思いやりのあるウソは仕方がないかなとも思う。

それ以外なら、ほんとうにセールストークでもウソの情報を流すのはイヤである。

フェイクニュースみたいな人を惑わすようなネットの情報を流す人はきっと、ウソをつくことでSNSでいいねやリツイートを沢山もらえることに味をしめて中毒化してしまった結果なのだろう。😓

人はある程度不器用でも、正直な方が後々自分の心を傷つけなくていい。

ウソをつき続けることは確実に心を蝕んでゆくのである。😱

 

みゆさん(`_´)ゞ

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え