みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

1人の時間を確保して休息する( •ω•ฅ)

f:id:miyunekoclub:20190513113939j:plain

こんばんは、みゆさんです(。・ω・。)

あなたは他人でも家族でもいつでも常に一緒に接していても大丈夫な人でしょうか?

1人になる時間を確保しなくても、消耗せずに生きていける人でしょうか?

もしあなたがそうならば、あなたは人からエネルギーを得てチャージできる人なのかもしれない。

きっと人の存在自体が癒しであり、人と触れあうことが休息になっている人なのだろうと思う。

私自身は決して人が嫌いなわけではないし、人と関わる仕事をすることも自分には向いているとは思うけれど、ある程度の時間人と接したあと、どっと疲れがでてしまい、その時間が長ければ長いほど、接した人の数が多ければ多いほど、エネルギーをその分消耗してしまうので、ある一定期間ひとりきりになって充分なエネルギーをチャージする必要がある。

それは私が超敏感気質によるエンパス体質だからなのだと思う。

「ぼっちタイム」は人生を元気に生きていくためには必要不可欠な休息時間であり、これがなければ、抑うつ状態が進行していき、他人に対しても攻撃的になりやすくなる。

あえて自分を他者から孤立させる、ぼっち状態に持って行く。自分の殻に閉じこもると言ったらいいだろうか。

これは決して悪いことではない。自分の生命に関わるバッテリーの充電をしているだけなのだから、他人と距離を置いているなどと悪く言われるのはちょっと違うと思う。

もしそのようにしていて、他人からこちらの機嫌が悪そうだと言われたら、ちゃんと正直な理由を言うといいだろう。

とにかく人間に疲れてしまったときは、一人きりになって自分の好きなことをやって、自分を労ってあげることだ。

無理して人に付き合ったり、愛想を振りまく必要などない。そうすることで余計心が疲弊して、ストレスにより、後々その人たちに対してイライラした気持ちや怒りを覚えたり、酷いときは恨んだりして、かえって人間関係を悪くしてしまうこともある。

心が疲れたのなら、自分の殻にこもって充分休んでエネルギーチャージしよう。

 

 みゆさん(=ω=.)

 

 

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

 

 Amazon.co.jpアソシエイト