みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

立派な人をみれば落ち込む、自分はなにもできていない (´・ω・`)

f:id:miyunekoclub:20190606094059j:plain

こんにちは、みゆさんです |ω・)

世の中にはよく働いて、家族を養って、世の中に発信して価値を生み出している立派な人たちがたくさんいる。

そのような人たちは、とにかくよく行動ができる人たちである。😐

人の拒絶とか批判も怖れずに、ひたすらどんどん自分からコミュニティーに入り込んでいける強者たちだ。

そのような立派な人たちの発信によって、私たちはなにかを学べるし、彼らをお手本にして何か自分もやってみようと思ったりする。

しかしどうしても思ったように行動できないし、思ったように人との繋がりも作れない。😰

結局どこかで人を怖れていて、人を信用できていないものだから、結局ひとりのままである。

自分は立派な彼らのような人たちにはなれない。それどころか1ミリも近づくことはできない。そんな風にたびたび絶望して落ち込むことも多々ある。💧

ではそんなときに私たちはなにをすればいいのだろうか?

まずは「ひたすら落ち込む」ことである。そして「自分なんてこんなものなのだ」ということを受け入れることである。

しかしひとつ大切なことは、そんな自分を嫌ったり否定してはならないということだ。

「行動もなにもできない自分」「人との交流が苦手な自分」というものを「そうだね、君はそういう人だよね、いいんだよ、仕方がないね、悲しいね」と自分で自分自身を慰めるしかない。🐹🐰

そして自分自身と相談を始める。「理想とする自分と現実の自分の間のギャップに折り合いをつけなければならないね、どうしようかね」「イヤだと思うことは絶対にやらずに、でも理想とするものにほんの数ミリでも近いことをやりたいね、なにをすればいいいのかね」「しかしどうしても我慢しなければならないことはあるね。生活を支えるための仕事は最低限確保しなければダメだね」。。。。

というように、自分と対話をくり返すしかないように思える。👄

生きているのがつらい。。。。そう思うのはみんなおんなじだろう。

特に他の誰かと自分を比較してしまうと、この世は地獄になってしまう。

人からの承認をいつも求めることも、やはり世界を地獄にすると思う。

まずは自分の視点を自分自身に向けるのではなく、なるべく外に向けるべきなのかもしれない。

極端なことをいうと自分の存在を忘れて、他人や世界に目を向けるべきなのかもしれない。🌍

自分のことはあまり考えずに、しばらくは存在を消して、目の前にあることをより気にして世の中を見てみようと思う。

 

みゆさん (ΦωΦ)

 

 Amazon.co.jpアソシエイト