みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

1人1人が自分の宇宙の主人公 ( •ω•ฅ)

f:id:miyunekoclub:20190611090024j:plain

こんにちは、みゆさんです (ΦωΦ)

「一人一宇宙」という考え方があるそうです。💫🌟

これはつまり、私たち一人一人が、一つずつ違う宇宙を持っており、私たちはそれぞれの宇宙の主人公だという。✨

すなわち他人の考えや価値観に沿って生きることは、他人の宇宙を生きることであり、自分の宇宙を生きていないことになってしまうという。

自分の宇宙が存在しないことになり、つまりそれは自分は生きていないということになるのだともいう。

「一人一宇宙」である限り、あなたの宇宙はあなたのものであり、私の宇宙も私のものである。あなたの親も配偶者も子供も兄弟もみな、それぞれの違う自分の宇宙の住人であり、あなたとはちがう宇宙を生きているということになる。

だからあなたの宇宙の主人公はあなたであり、その宇宙での主人公の役割や、どういう人生を送るのかは自分で決めることができるのだという。

ただしそれができるのは生きている間だけである。🌎

あなたが果たした役割はどんなことであっても、そこから縁起が生まれ、情報的縁起として後世に影響を与え、永遠に生き続けるのだという。

だからその機能・役割を果たすために、「いま、ここ」を生きることが大切なのである。

「一念三千」という言葉があって、人間の一瞬の心の中に、現在、過去、未来のすべての現象が入っているといった意味である。

明日のことを考えるのも妄想だし、昨日のことを回顧するのも妄想なのだという。ただあなたの記憶とか心と呼ばれる作用があるだけである。

確実な生きている瞬間は今現在だけであり、そこを味わって生きるのが人生ということだ。

そして今あなたが何らかの恐れや悩みを抱いているとしても、それもただの心の作用であり、妄想であるという。

恐れや悩みという感情があるのは生きている証拠であり、一つの娯楽として捉えるのがいいという。

とにかく自分は自分だけの宇宙を持っているわけだから、自分がその物語の監督であり演出家であり脚本でありプロデューサーで、いくらでも自分の人生のストーリーを作り、書き換えることができるということである。🎬

一人一人がそれぞれの一つの宇宙を持っている。そしてその宇宙の主人公である。

そう思うと、もっと自由な発想で生きていいんだと思えてくる。

理想の宇宙の形を考えて、そのようになるには、自分がどう機能していけばいいのか考えることも有益なのだと思う。

このようなことがわかると、もっとポジティブになれるような気がしてきた。💐🌈

 

みゆさん ( •ω•ฅ)

 

 

苫米地英人コレクション6 「生」と「死」の取扱説明書

苫米地英人コレクション6 「生」と「死」の取扱説明書

 

 Amazon.co.jpアソシエイト