みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

家にいながら海外にいる気分になる ╰(*´︶`*)╯

f:id:miyunekoclub:20190618094015j:plain

こんにちは、みゆさんです (^・∀・^)

あなたは海外旅行に行くのが好きでしょうか?

本当に好きで実際によく行く人もいれば、行きたい気持ちはあるけれど、連休が取れなかったり、お金が掛かるからという理由で行けない人もいるでしょう。

私自身も海外は好きではあるけれど、やはりお金も時間も掛かるし、正直面倒くさいという気持ちもある。

20代の頃は留学でカナダに住んでいたり、旅行にも何度か行ったことがあるけれど、とにかく行って帰るだけですごいエネルギーを消耗するのである。

しかし今の時代はネットがあるし、グローバル化が進んだおかけで、国内でも色んな国の文化に触れることができる。

まずは何と言ってもYouTubeGoogle Earthだろう。

自分が行きたいと常日頃から思っている場所の動画はいくらでも見つかる。もし日本語検索で出なければ、英語で検索すれば山のようにヒットするだろう。

そしてGoogle Earthで地図検索し、実際のその場所に今自分が立っているかのように、360度の画像で見回せる。

この2つのサービスの合わせ技で、家に居ながらもかなりその国を楽しめると思う。

また自分の行きたい国についての旅行のブログや、そこで暮らしている日本人のブログを読んだら、もっと詳しい状況がわかって、より想像力が増すと思う。

また日本の都市部にはいろんな国の料理が食べられるレストランがあるから、食べログなどで検索して、実際に行って食べてみるのもいいかもしれない。

そしてその味を覚えておいて、ネットでその国の家庭料理のレシピを見ながら、自分で作って食べてもいいだろう。食材は新宿の新大久保みたいな多国籍な街だと売っているらしい。

カルディとか成城石井とかユニオンなどの輸入品のスーパーでその国の食べ物を買ってもいいだろう。

そしてその国の音楽をかけながら、その国の食べ物を食べ、グーグルマップ巡りをし、YouTubeの動画を観る。

そうすると益々臨場感が増して楽しい気分になるのではないかと思う。

また私が以前によくやっていたのが、旅行会社のパンフレットをもらってきて、その国のツアー行程を見て、それを頭の中で再現することである。

そのようなことを繰り返しているうちに、もうその国に行った気分になるだろう。

それくらい人間のイマジネーション能力というのは高いのである。

もしそれでも、その国にやっぱり実際に行ってみたい!という人は、

「絶対にそこに行くべきである」

それほどの興味・関心・情熱があるということは、その国に何かしらの縁を感じているということだから、直感からの声かもしれない。ぜひ行ってみた方がいい。

とにかくこのネットの世代に生きていてよかったと思う。

海外に実際に行かなくとも、海外を体験することが可能になるからだ。

これから先VR(ヴァーチャルリアリティ)がさらに技術革新されれば、もっと臨場感の高い、現実と遜色のないヴァーチャル海外旅行が楽しめるようになるだろう。

そのようになる日を心待ちにしている。

 

みゆさん ╭( ・ㅂ・)و

 

 

Amazon.co.jpアソシエイト