みゆねこのブログ

すべての生きにくい人に寄り添うブログ

自分自身は一つの会社みたいなもの (=´∀`)

f:id:miyunekoclub:20190620185153j:image

こんにちは、みゆさんです (*☻-☻*)

私たちは「自分はこうしたい」「自分はこうなりたい」と思っていても、中々自分を思い通りに動かせないことが多々ある。

それもそのはず、私たちは「一人だけの存在」ではないからだ。

それはどういうことなのかと言うと、「自分」というものは、ひとつの統一された自我ではなく、複数の自我が存在した一つの集合体みたいなものだということだ。

"オタキング"こと岡田斗司夫が言うには、人間一人一人は「株式会社:自分」のようなものであり、思い通りに働いてくれない部下がいっぱいいる小さな会社に例えられるという。

リーダーの自我がいて、それが朝礼で部下全員に「今日からダイエットを始めて10キロ減量するぞ」と指示を出しても、その時は全員が「はいわかりました」と答えるんだけど、じつは面倒くさいと後からブツブツ言う奴もいて、「ストイックな部下」や「ルールを守る部下」や「見た目を気にする部下」は積極的に運動やら摂食に励もうとするのだけれど、「不精な部下」や「食いしん坊の部下」などは、スキがあれば運動をサボろうとするし、夜中にコソコソと冷蔵庫を漁ってつまみ食いをしたりする。

つまり自分の意志なんてものがあっても、それは一部のリーダーの意志であり、欲望の強い部下たちはそれとは逆の気持ちを持っているのだから、自分の意志を一方向に向けて、何かを達成しようとしても無理なのである。

どうしても何かの目的を果たしたいと思うならば、欲望の強い部下たちをなんとかダイエットに参加させるように、ご褒美を与えるとかするしかない。「ジョギングをこれだけやったら欲しかった新しいバッグを買ってあげるよ」とか、「食べるのをこれくらい我慢したら温泉旅行に連れて行くよ」とかして、モチベーションを上げるより他ない。

とにかく私たち人間はバラバラな自我の総合体なのだ。

1人の自分の中にじつは沢山の個性があるのだ。

そう思えば、例え自分自身であっても制御できないのは当然であり、あらゆることが上手くいかないことがあっても当然なのだと思えるようになる。

又、稀に私たちはそれほど努力をしなくても、というより努力を努力とも思わず、楽しめて、良い成果を出せて、寝食忘れて取り組めるようなこともある。

それは一つの自我である部下がよっぽどパワフルで、他の怠惰な自我の部下を黙らせる力がある状態の時に起こるんじゃないかと思う。

いずれにせよ、バラバラの自我をたったひとつに統合することなどは不可能である故に、人間というものは常に迷い、フラフラとした存在であるということを知っていれば、「自分なんてダメだ」などと卑下することは少なくなるだろう。

 

みゆさん ╰(*´︶`*)╯

 

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜

悩みのるつぼ〜朝日新聞社の人生相談より〜

 

  

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

 

 Amazon.co.jpアソシエイト